株式会社 久保田鐵工所  
TOP    
会社案内 製品紹介 技術紹介 採用情報
News Contact Site Map Link
 
ニュース
戻る>>
挑む 軽量・低コスト世界注目 熟練技5方向プレス実現
世界の自動車メーカーが注目する技術がある。自動車部品製造の久保田鐵工所が開発した変速機用シャフトだ。世界で初めて五方向からの同時プレス加工を実現。外部の加工と中空構造が一度にでき、軽量化と製造コストの削減に成功した。熟練の金型技術が生んだ新手法は、航空や船舶、農機具などの分野からも関心を集めている。
一本のシャフトを不思議そうに見つめていた男性が、思い余ったようにその場にいた技術者に語り掛けた。「どうやって造ったのですか。ぜひ金型を見せてください」
昨年十月、名古屋市であった自動車部品メーカーの技術展示会。久保田鐵工所のブースでこんな光景が繰り返された。展示したのは、中空構造が見えるよう断面にした自動車の変速機用シャフト。昨年初め、実用化のめどをつけた。


はや納入が決定

変速機用シャフトは複数の歯車をつなぐ鉄製の軸で、最大直径約十二センチ、長さ約六十センチが標準サイズ。大手メーカーによる従来製品は重さ約六キロ。初めて製造に挑んだ久保田鐵工所は約四キロと30%以上も軽い。
問い合わせは日米欧のメーカー合わせて十社に達する。「これまで部品を売り込んで回っていたが、今は向こうから商談に訪れる」。山中成昭取締役は予想以上の反響に驚く。
従来の中空のシャフトは、外側をプレス後、内側を別の機械で削っていた。それを一台の機械で、しかも一度に加工するには五方向からのプレスが求められてる。「一工程で五方向のプレスは、概念は理解できても実行する人はいなかった」と言う。
五つの金型を、材料に対しどんな順番でどれ程の圧力を掛けるかー。複雑な金型の動きを発案したのは、社内で「人間シミュレーター」と呼ばれる七十歳代のベテラン技術者である。山中取締役は「具体的な工程は企業秘密だが、金型に長く携った経験が複雑な金型の動きのアイデアを生んだ」と振り返る。

生き残り懸ける

同社の主力はエンジンを冷やす鉄製のウォーターポンプ。だが一九九〇年代半ば、危機感が高まっていた。「自動化が難しい工程の多い機械加工は、どうやっても中国や東南アジアの製造コストに勝てない」
持ち前の金型技術を生かせる生き残り策として着目したのが、金属を常温のまま高圧で加工する「冷間鍛造」だ。同社では初めての分野。二〇〇二年、取引のある広島県内の部品メーカーなど十一社と研究会を設立し、基礎技術を研究した。
冷間鍛造は、精度の高い加工が複雑になり、プレスの方向が増えれば難易度はさらに増す。こだわったのは軽量化だ。ガソリン価格の高騰や環境意識の高まりから、自動車メーカーは燃費向上や排ガス低減にしのぎを削っている。車を軽くすれば燃費があがり排ガスも減る。「金属部品を軽くすれば用途は広がる」と山中取締役は確信していた。
五方向からプレスする装置により、十八秒に一回、一工程で内側にも穴を開けることができる。しかも中空をできるだけ大きくでき、大幅な軽量化が可能となった。
シャフトには航空機関連の技術者や船舶、農機具メーカーも関心を示している。「将来は自動車以外の部品にも応用したい」。半世紀を超す金属加工の経験を生かし、金属部品に新たな可能性を見いだしている。

 
 
Copyright 2004 Kubota Iron Works Co., Ltd. All Rights Reserved.
English